日々思ったことや感じたことをのんびり書いていこうと思います。


by symphonic-bone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

のんびり流れる時間

こんにちは、そらです。
前回あんな事を書いて、さぞかし読まれた方は驚かれたことでしょうが・・・いや、あまり楽しい話でもなく、気分を害されたかもしれませんがわたしはそれなりに生きています。
はいもう、生きる屍のようになって生きています。
でも楽しいと思ったときには笑えるし、その感情はまだ見失っていないようです。

わたしの周りの時間の流れは、ひどくゆっくりです。
この間旧約聖書を読んだのですが、昔の人は長生きなんですね。
アダムとイブは900年くらい生きたそうです。そしてそれが当たり前という世の中。
そのころに比べたら、たかが20年そこそこのわたしの人生はまだ始まったばっかりなわけですね。
昔の時間の流れと同じくらい、わたしの周りも今、とてもゆっくりな気がしています。

最近、いろいろ自分にとって変わったことがあって、何も考えることができません。
悲しくなるような事を考えないかわりに、楽しくなるようなことも考えられないのです。
友達がわたしの誕生日にとくれたアロマポット(なのかな。違ったらごめん)に蝋燭をいれ、火をつけてアロマオイルをかけ、部屋を暗くして炎をぼんやり見つめます。
至福の時間。
時間は、ゆっくりゆっくり過ぎていきます。

地図君がずっと昔(といってもせいぜい2週間ちょっと前のことですが)に、何もかもを心配するわたしに
「心配しないくらいなら、心配ばっかりしながら生きるほうがいいよ」
と言ってくれたことがあります。
・・・うそばっかり。
わたしが心配しすぎてわたしたちの人間関係が崩壊したのに、よくもそんなことが言えたもんだ。ばからしい。
そんな事を考えて悲しくなって、それでも彼はどこかで元気で、誰かと幸せな時間を過ごしているだろうから、わたしがかかわるのは止そう、そもそもわたしと一緒にいることは間違っていたのだからと・・・思うのですが、それはあくまでタテマエです。
じゃあわたしは?
わたしは幸せになったらあかんかったん?
考えたくもない。
でも、わたしの醜いホンネです。
カウンセラーの先生に話すと、彼女はじっと考え込んで、しばらく後わたしの目を見てこういいました。
「あなたと一緒にいることは、その相手にとっても幸せな時間だったんだよ」
・・・うそばっかり。
みんなみんな、うそばっかりだ・・・。
しかし、先生の真っ直ぐな視線を直視できずにうつむきました。
もし本当にその通りだったのなら、わたしは・・・。


ゆっくりゆっくり時間は過ぎてゆきます。
その流れにのんびりつかってみようかと、そんな風に思いました。
[PR]
by symphonic-bone | 2006-06-13 15:41 | のんびりしたこと