日々思ったことや感じたことをのんびり書いていこうと思います。


by symphonic-bone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

子犬を育てる

お久しぶりです、そらです。
ずいぶん長い間放っていたようです。
といって、その間に何をしていたわけでもなく、のんびりと時の流れに身を任せています。

そういえば、でもなくタイトルのとおりですが、最近犬を飼っています。
あぁ、もちろんAHOキングのたいちくんのことではありません。
わたしだけの犬です。
・・・いくら養育費がかかるのか。
いやいや、そんな余裕はわたしにはありません。
ネタがわかればなんのこっちゃないのですが、携帯電話の中で、わたしだけの犬を飼っているのです。

最初に飼い始めたのはゴールデンレトリバーの子犬で、わたしは「もみじ」という名前をつけました。
もちろん、由来はただ単に「そんな季節だから」。
わたしの思惑も知らずに、もみじは携帯の中ですくすく育っています。
そしてしばらくしてもみじ育成に余裕が出てきたのでもう一匹子犬を飼うことにしました。
今度の子犬はまめ柴の赤ちゃんで、「かえで」という名前です。
これまた由来は、「そんな季節だしぃ」。
銀杏でも秋桜でもよかったのですが、かえでという響きがかわいくて、そんな名前をつけてしまいました。
別に何も構わなくても、2匹は部屋の中をうろうろと歩いては物にぶつかって座り込み、しっぽを振って走り回ります。
きゅんとくるほどにかわいい。
そして、この2匹を見た後のたいちくんは・・・
やっぱりホンモノは違いますね。

妹には
「暇人やな」
と軽蔑に似た目線を投げかけられましたが、まぁ実際わたし自身もそう思います。
なによりそんなふうにバーチャルな世界で生活を楽しんでいる自分がちょっと悲しいです。
しかし、自分より弱い「何か」を育てていくということは、それだけですごく優しい気持ちになれることだし、しっかりしなくちゃと責任感がわきます。
わたしの子犬たちのことだけではなく、わたしの身近にも後輩たちがいて、「育てる」なんてそんな大げさに考えはしませんが、実際自分が先輩に育ててきてもらったことを思うと、何かできたらいいのになと思うまでです。
もみじとかえでの2匹を育てることによって何かが自分の中で変わるかもしれないし、変われたらいいのになと思います。
[PR]
by symphonic-bone | 2006-11-05 16:03 | のんびりしたこと