日々思ったことや感じたことをのんびり書いていこうと思います。


by symphonic-bone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大ゲンカ

いったい何が起こったかといいますと、まぁそのままですけどね。
サークルでの問題が片付いてほっと一息も束の間、今度はこういうことです。
けんか・・・。
誰って、相手は決まっています。
そう、彼です。

今まで彼と書いてきましたが、今回はあまりにもその名詞が多そうなので彼のことを地図君とします。理系君と同じようなものです。
けんかするほど仲がいいというレベルの問題ならともかく、世の中そううまくいかないもんですね。

地図君とわたしの関係は今までこの中で触れてきたとおりです。
むろん、わたしのほうは親友だと思ってきました。
ところが、地図君がサークルからいなくなって、わたしたちの関係も坂を転がるかのごとく悪くなっていきました。
予想でしかありませんが、一緒にサークルの中にいる間はよかったのです。ところが、わたしは残り、彼はいなくなった・・・バランスが、どういうわけか崩れてしまったのです。

1ヶ月ほど前から、地図君とはろくに話していません。わたしはことあるごとに彼に連絡を取って
「今日は練習で副学指揮君が踊ってすごく面白かった」
とか、その他にもまぁわたしの周りの日常を、メールで話していました。
しかし、いつのころからか地図君はわたしにメールを返してくれなくなり、わたしもわたしで一方的にメールを毎日送りつづける芸当はさすがにできなくて、途中でやめてしまったのです。
わたしは何かをした覚えはないのですが、ここまで嫌われる覚えもありません。
メールという文明の利器はわたしにとってプラスのこと以上にマイナスのことももたらしました。

メールを返さないのは、相手が悪い。
もちろん、送り手であるわたしが、返しにくいメールを地図君に送っていたのかもしれません。
だけど、無視するというその行為は、相手が誰であれ許されるものではないのです。
わたし論なのか一般論なのかは、これを読んでくださった皆さんが判断してください。

ともかくわたしは、何度か彼に
「あって話し合おう」
というようなことを言っていました。彼は話せばわかる、今までだってそうやって解決してきたのです。
ところが彼はその返事を返してくれない。わたしはまずいことを言ったのかおろおろするばかり。
そんなことが続いたあるときです。
「今日の昼休みならあいてる」
と、彼がその日の2限に言ってきました。
わたしは、そのとき相談相手になってくれていた親友いわく”強がって”、
「嫌なら別にいいけど」
と突っぱねてしまいました。
ていうか、まさか返ってくるとは思っていなかったのでびっくりしてしまったのです。
・・・ここまでが、本題の前置きです。長っ。

で、本題に入ります。
地図君が
「水曜日か木曜日ならあいてるかもしれない」
と言ったので、前の日までに連絡してもらうように言って、わたしは待っていました。
もちろん、やっぱり面倒ならもういい、ということも言っていました。
ところが彼は、何も言ってきてくれないのです。
なので、わたしが連絡して、どうかなと言う風に聞いたら、
「明日の1限と2限のあいだならいいけど」
と言われて、頭の中で何かが音を立ててきれました。
こうなったら、とまらない。
わたしは、
「もういいよ、最初から話す気なんかないなら、そういえばよかったのに」
と言いました。
だって、1限と2限の間って、わたしは2限に授業もあるし、3分弱しか話せないよ。
あなたが前の日までにメールするって言ったじゃない。なのに、してこなかったよ。
・・・話す気ないでしょ。
ところがです。

「誰が話す気がないとか言った?なんでそうやって思いこみで判断しようとする!もういいよ、これで最後にしよう」
・・・と、返されたのです。めちゃくちゃに、怒っているのが伝わってきました。
しかし、怒っているのはわたしもなのです。だから、
「言ってなくてもそんな態度(メールを返してくれない、疑問文で聞いても無視をするなど・・・)されたら誰だってほんまは嫌なんかなって思うよ!いったいどこに話す気があったの?どの文脈からも受け取れないよ!」
どんな友達ともろくにけんかなんてしたことないのですが、初めて真っ向からぶつかりました。
そして、そのあと自己嫌悪に陥って眠ることができませんでした。

メールを返してくれなかったのは彼に非がありました。
でも、地図君の気持ちを踏みにじって突っぱねたことに関してはわたしに非があります。
自分でもよくわかっているのです。わかっているのに、伝わらない・・・。
こんなもどかしい気持ちは初めてかもしれません。

わたしがもし、「1限と2限の休み時間」で妥協していれば、こんなことにならなかったのです。
でも、歴史に”もしも”はありません。
この現実を受け止めて、この先やっていくしかないのです。
彼はもともと、わたしとは仲直りしたくなかったのだ。
それはわたしにとっての逃げ道です。でも、そう考えることで”だからしかたない”と思うことができます。

年の暮れ、まさかこんなことになりたくなんてなかった。
彼と過ごした楽しかった何ヶ月か、それだけでもいい1年間だったと思えます。
もう連絡なんてとらなくても、わたしはずっと忘れない。
そう・・・、たまに思い出してちょっとだけ泣くくらいの思い出をもつことが、幸せかもしれません。

ずいぶん長くなってしまいました。ちょっとだけほろ苦い話でしたが、読んで下さってありがとうございました。
[PR]
by symphonic-bone | 2005-12-22 14:19 | 友達とのこと

雪の降る日に

本当に久しぶりとなりました。そらです。
もう12月も3分の2が過ぎてしまいましたね。
ただいま寒波の真っ只中です。寒いよ。

この間の練習のときに、男所帯のわたしのパートの中での唯一の花ともいえる先輩とおしゃべりしていました。
ちなみに、madoちゃんはまた別カテゴリされています。
花じゃないわけじゃないけど・・・けど・・・でも・・・あれ、そうなのかな?
ニホンゴってムヅカシイや・・・。
ともかく、花のような先輩はわたしの決断について話をしてくださったのです。

あんなことやこんなことや諸々、いろいろ重なったわたしの上に降りかかってきたことは、
「もう、これ以上ここにはいられない、いなくなってしまおう」
という感情でした。
だって、悩みも一つ減るし。
考えることをやめたら人間、だめになっていきそうだけれどわたしの場合は何かやめないと考えすぎてだめになるのです。
だから、思い切ってやめることを決断しようとしました。
実は、です。

今まで築いてきた人間関係や居場所、すべてをけってわたしに残るのは心の平安、まさにそれです。
わたしは誰にも必要とされていないと感じていました。
バイト先は、シフトを組みます。わたしはこの曜日とこの曜日と・・・と入れられます。
まさに、必要不可欠とされているのです。
でも、サークルは違いました。
わたしよりうまい、バストロンボーンの先輩がいます。
彼は高い音まで出るし、音もいい。明るくてクリア。
わたしは・・・ぼやけた音しか出ない。
いつもいつも、音が小さいとしかられる・・・。
きっとみんな、思っているはずだ。
「そらちゃんなんか、いらない」
「彼だったらこの曲ももっとうまく吹けたのに」
わたしは思いました。
あぁ、当然だ。
ただ楽器を持っているというだけでここにいるわたしなんか、不必要で当然だ。
だって・・・。

ところが、花のような花先輩はわたしにこう言ったのです。
「そらちゃん!そらちゃんは思ったより必要とされてるんやで!」
壊れかかったわたしの心に少しだけ光が射しました。
ところが、わたしの心を巣食う悪魔は囁きます。
「そんなこと、本当のはずがないじゃないか。彼女は優しいから、そういってくれているだけだよ」
そうかもしれない・・・。
「そうですね、人手も足りてへんし・・・」
わたしだったらいらいらして
「そうや、その程度やで」
って言ってしまいそうになるのに、彼女は違いました。
「それもあるけど・・・でも、いてほしいから」
涙が出そうになりました。

信じたい。
他人を疑ってばかりの人生なんて、もう嫌だ。
先輩を信じたい。
madoちゃんや理系君、チューバ君を信じたい。

石橋は1000回叩いてわたるようにして今まで生きてきました。
時には叩きすぎて渡れなくて悩みました。
でも、わたしはこう思いました。
せめてその回数を999回にしたい。
減らした1回は、他人を信じることができる強さ。
いつの日かもっともっとその回数が減って、自分が強くなっていけるといい。
そんな風に、思います。

ねぇ、わたし。
3回だけ叩く回数を減らそう。
1回は、花先輩を信じて。
もう1回は、わたしのトロンボーン・チューバパートを信じて。
そして・・・、わたし自身を信じて・・・。

改めて、信じることの難しさを学びました。
そして、信じることの心地よさを学びました。
わたしの大切な人たち。
これからもどうか、見守っていてください。
いつか石橋を叩かなくてもひとりで渡れるような日が来るまで、手を引いてください。
わたしは今、幸せです。
[PR]
by symphonic-bone | 2005-12-19 12:08 | 練習のこと

心に響くこと

さて、今年の行事も終了し、わたしに残されているのは決断することだけです。
決断って、今こうして書いてみるとすごい言葉だったんですね。
決めて、断つ。
できるのかな・・・。

今年最後の行事は、演奏会でした。それも、小さな子どもたちのために演奏するという、かつてない出来事だったのです。
高校時代に小学校に依頼演奏にいったことはありましたが、それよりもさらに小さい子どもたちですからね。
わたしは、舞台に出てからも顔が緩みっぱなしでした。横で吹いていた後輩と何度も目を見交わせて、声を出さずに笑っていました。
だって、本当にかわいいんです。
素直だなぁと、そう思ったのです。

それに、メンバーも初めての組み合わせでした。1番を吹くのがわたしと同回生の理系、でも全然そうも見えない変わった友人で、2番がどこに出しても恥ずかしくない、優しくてわたしよりもしっかりした後輩、そして3番がわたしでチューバには何度か登場しているあの彼です。
礼服を着て並ぶと、ありえない違和感がありましたよ。
ま、話したりした内容は、いつもとそう大差ないわけでしたが。

理系君が話し相手になってくれていたので、蝶ネクタイの話をしていました。
「これね、400円と700円のがあるんよ」
「へぇ、そうなんや。じゃあ自分のやつはどっちなん?」
「もちろん、700円のほうだよ」
彼は自慢げにわたしを見ました。
わたしは何でだろうと思って
「なんで?演奏会のときしか使わへんのに」
「・・・そらちゃん、そんな考えじゃ甘いよ。音楽に妥協は許されないんだよ」
自信満々にそう言い切ります。
わたしはなんだか笑いたいような、でもまじめな顔をしていたいような中途半端な顔で彼を見つめました。
ちょっと違う気がするー!
でも、確かに妥協は許されないんですよ。あの、演奏に関しては。

今回の演奏会でわたしが一番感動したことは、かしこまらない自然な演奏会だったということです。
子どもたちは、何かを考えたならその瞬間に、ダイレクトにわたしたちに表現して返してくれます。
楽しいという感情、びっくりしたという感情、それはもういろいろです。
わたしたちが子どもを喜ばしてあげるんだと思って参加したのですが、むしろわたしは子どもたちから学ぶことのほうがはるかに多かったです。
その点でも、本当に実のある演奏会でした。

定期演奏会が終わってから、季節が秋から冬に移り変わったかのようにわたしの周りでも何もかもが移り変わりました。
もちろん、よかったこともあります。悲しかったこともあります。
自分を押し隠したせいで、つらいこともあります。
わたしたちの演奏を聴いてくれた子どもたちの様に、もっともっと素直でありたい。
そんな風に感じます。

そう遠くない未来に、わたしは決断を迫られるでしょう。
その結果、後々悔やんだりしないように、自分に素直になって答えを出したいと思います。

わたしの周りにいる友達、先輩たちがいつまでも幸せならそれでいい。
そして、多少は曇っていたとしてもわたし自身の未来も明るければいいのに・・・。
[PR]
by symphonic-bone | 2005-12-12 14:25 | 練習のこと

ある晴れた日に

昨日は雪がたくさん降っていました。
その影響なのかわかりませんが、今朝わたしの地元では霧が大発生し、「濃霧の影響」の名のもとで、電車が20分遅れという事態が発生しました。
しかもですよ。
実際に濃霧の影響が大きかったのは、わたしが利用する奈良線ではなく、難波から加茂をつなぐ大和路線なのです。
とはいえ、もろに奈良線ともかぶっていますから、仕方ないのでしょうね。

学校まで来ると、空はだいぶ晴れていました。
空気が澄んでいる。
そんな風に思いました。
昨晩の練習後に空を見上げたときも、夜空がすごくきれいに見えたんです。
空気が澄んでいるから。
それに、わたし自身今はわずらわしいこともなくこころが楽だからかもしれません。
はぁー。

退屈という名目で、彼に最近の練習風景を伝えました。
文章だから言いたい事も限られてきますが、ともかくわたしは彼に見せつけたかったのかもしれません。
あなたがいなくてもわたしは幸せなんだよ、と・・・。

なんのとりとめもない文章になってしまいました。
久しぶりに晴れて気持ちがよかったから、ぼんやり外を歩きながらこんなことばかり考えます。
そんな日も、あるのです。
さてと。
次の授業は寝たりしないでがんばろう。
終わって外を出たら、きっときれいな夕焼け空が待っているから・・・。
[PR]
by symphonic-bone | 2005-12-07 13:21 | のんびりしたこと

雪の降る日に

さっき、雪が降っていました。
どうりで寒いと思ったら。
でもわたし、雪も大好きなんです。寒いのはあまり好きじゃないんですけど。

大昔にも雪は降っていたんでしょうね。
元冒険家志望人間はそんなことを考えます。
寒い、寒い。
でも、この現代社会のような喧騒もない、人類すらいない大昔。
静かな中に深々と降る雪は、さぞかし素敵なことでしょう。
想像しただけできれいだなぁと思います。

以前、といってもちょっと前までやっていましたが、恐竜博をご存知でしょうか。
わたしは行ったわけではないのですが、久しぶりに登場するあの「彼」が、授業をサボって恐竜博に行きました。
これまた、ずいぶん昔の話ですけど。
今日はその話を聞いて頂こうと思います。
わたしは彼のためにプリントをもらっておく約束をしました。
すると彼は、そんな優しさが怖くなったのか、おみやげを買ってきてくれたのです。

わたしは幼いころ、プラモデルを組み立てるのが好きでした。
一番の大作は、挫折しそうになりながらも作った、かの姫路城。
買って帰った当日に出来上がったのは、焼き芋屋さんの屋台だった過去があります。
その話は、話題が尽きたときに毎回、彼に話していました。
なんだかすごく自己中なんですけど、その話を彼にしたら彼は絶対
「へぇ、すごいんやね」
と、にっこり笑ってわたしをほめてくれました。
それが、うれしかったんです。
自分の過去を、彼は認めてくれるわけだから・・・。

恐竜博に行くという話を聞いて、するともちろん好きな恐竜の話になりますよね。
わたしはちなみに、首の長いネッシーのような恐竜が好きです。
その話を、行く前の前の日くらいに彼にしました。
「かわいいやんな!」
「え・・・?」
反応が薄い。
「そうじゃない?」
わたしが見上げると、彼はうんうんとうなずきました。
そうか!
この人、首の長い恐竜に似てるじゃないですか。
・・・いっせいに批判を浴びそうですね。

話が飛びすぎていましたね。
それで、彼が買ってきてくれたおみやげというのが、
「首の長い恐竜のプラモデル」
だったのです。
プラモデルというか、ちょっと違うんですけど、つまりは自分で組み立てる製作キットでした。
何がうれしかったかって、わたしが好きだといったものをちゃんと覚えていてくれたことです。

わたしは早速家に帰って組み立ててみました。
大きさは、全長15センチ、高さが5センチくらいの小さな恐竜です。
わたしはそれに、ぴー助と名前をつけました。
ちょっと手荒く扱うとぴー助はすぐもとのばらばらになってしまいます。
それだけが難点なんですが、わたしはぴー助に愛情を注いでいるし、ぴー助も何の不満もないでしょう。
ただ、今現在は机の上に放置されたままなんですけど。

わたしは知りたいです。
大昔に生きていた恐竜たちのことを。
からだの色、鳴き声、性格・・・。
賢い生き物ではなかったのかもしれないけれど、日光浴は気持ちいいと思い、雨が降ると少し悲しくなったりしていたと思うのです。
今のわたしとさほど変わらないですね。

過去に戻ることができるなら・・・、やり直したいことはいろいろあります。
でも、わたしはわたしであることに変わりはありません。
深々と降る雪のように、何の後悔もなくまっすぐに生きられるなら・・・。
また、難しいところですけどね。

今日は家に帰ったら、枕元を整頓して、ぴー助を置いて寝よう。
そんな風に思いました。
[PR]
by symphonic-bone | 2005-12-05 12:56

くるしいこと

まぁ世の中にはいろいろなことがあるもので、毎日のんびりしていても、何事も起こらないのです。
わたしはかれこれ3ヶ月近くほうったままの虫歯が痛み出し、ついに寝ることすらままならない状態となってしまったので、さすがに歯医者さんに行こうと思いました。
それにしてもですね、座っていても痛い、歩いていても痛い、挙句寝られない、ご飯を食べようにも痛いものだから面倒くさくて食べなくなるなんて、もう普通じゃないと思いませんか?
でもそれが、わたしの日常だったわけです。偶然痛くない日は、あれめずらしいなくらいの勢いです。
ありえない。

歯医者さんに行く前に、わたしは考えました。
もし行ったとしても、
「もう手遅れですね」
とかってあきらめられたらどうしよう。
「だいぶひどいのでこの先治る見込みもないし」
っていわれたらどうしよう。
もう、久しぶりにマイナス思考が噴火しました。
しかし、そのくらいの気分だったのです。
なんていうか、歯医者さんがいやだったので今まで痛みをこらえて生きてきた人間ですからね、でもこのままほうっておいても死ぬなら、何かしてから死にたいという、究極のネガティブに囁かれた結果、重い腰を上げたわけです。

しかし、皆さんご存知のようにわたしはいまも生きてブログの更新などをしているわけです。
つまり、歯医者さんには行ったけれども、今ものんびりと1日を送っているのです。
ビバ歯医者さん!
神としか言いようがありません。

学校近くの歯医者さんに乗り込んで予約しました。
普通は電話するみたいですけど、ボタンを押すのも億劫なほどに痛かったのです。
先生はわたしよりも30センチ近く小さな、小人さんのようにかわいい方です。
彼女はわたしの歯を見て絶句しかけていましたが、それでも治らないなんてことは言いませんでした。
「今までずきずきする痛みをここまでこらえてきたんなら、何十分かの痛みのほうが絶対マシやと思うんやけどなぁ・・・」
と、ぶつぶつ言いながら麻酔を打ち、歯を治療してくださいました。
・・・そうか、麻酔。
こんなものの存在を思い出せないほどに、わたしは歯が痛かったのです。
ビバ麻酔!
神の遣わしたる天使です。

歯医者さんに行って薬をもらって、驚くほどに痛みはなくなりました。
思い返せばあの演奏会。
舞台にいるときもずきずき痛んでいたのです。
その痛みがなくなったことにほっと安堵したのは事実ですが、痛みがなくなって寂しさのようなものも少しだけ残りました。
でも、もうごめんですけどね!
ご飯も食べられる。ゆっくり眠ることもできる。
そんな当たり前のことが今はただうれしくてなりません。

苦しいときは苦しいといってもかまわないんだと思いました。
自分の中で抱え込むから、つらくなるのです。
当たり前のことやものはなくしてから気づくわけです。
もう手遅れのときもあるかもしれません。また、わたしの歯のように何とでもなるときもあるかもしれません。
起こってみないとわからないのです。
だからこそ、苦しい。
そんなときも投げ出したりせず、自分なりに一生懸命生きていれば、道は開けるんだと、そんなことを思いました。
多分、歯医者さんに行っただけでここまで考える暇な人間はわたしくらいだと思います。はい。

当たり前に過ごす1日こそを大切にしなければならないのだと、痛感させられた出来事でした。
[PR]
by symphonic-bone | 2005-12-02 12:32 | 生きること

前髪と後輩

はっと気づけば、もう12月。
1年なんて、本当にあっという間ですね。
終わりよければ全てよしなんて言葉もありますが、未だに火の車状態のわたしですが、年末に振り返ってみたときに、いい1年間だったといえるように、今月は楽しく過ごしたいと思います。

いかんせん引きこもっていたわたしでしたが、先日、久しぶりに練習に行きました。
早速合奏があって、張り切りすぎて空回りしまくりで、みんなに迷惑をかけてしまいました。
隣のチューバ君が、わたしには何を言っても無駄だと悟ったのか、しかしわたしにもよくわかるように、落ち着いた口調で
「あのなぁ・・・」
と、どう吹けばうまくなれるのかを教えてくれました。
彼を信頼しきっていて、わたしはバストロなのに頼りっぱなしです。
少しは、彼に楽をさせてあげたいのですが、なかなかそうもいかないのが現実です。
困ったもんだ。

合奏を終えて外に出ると、ホルンの後輩がいました。
わたしと彼が最初に話したきっかけは今でも覚えていますよ。
雨の日に外を眺めていた彼に、わたしが後ろから
「自己紹介の冊子見たけど、旅行がすきなんですか?」
すると彼はにっこりと笑って
「いえ、鉄道です」
し・・・趣味合いそうじゃないですか。
そんなこんなで、このうっとうしい先輩ともそれなりに仲良くしてくれる、彼は実に優しい子です。

なぜこんな話をしているんでしょうね。
あ、そうそう。昨日部屋を出ると彼がいたので、
「久しぶりやね」
とわたしが声をかけました。
彼は改まった口調で
「そうですね」
といってからじっとわたしを見て
「なんか・・・前髪、少なくなりましたね」
ええっ。
わたしは言葉をなくし、何とか笑いをこらえながら
「そうそう、ピンで留めてるから・・・」
と説明すると、彼はわたしの横側に回って確かめて
「ほんとうですね」
納得したようにうなずいて、下に降りていきました。
・・・ねぇ。
わたし、人並みには苦労したかもしれないけど、まだそこまでじゃないよ。

もともとうっとうしい前髪でした。それをピンで留めて練習にいったのは初めてです。
後輩はふざけていったわけでもないし、そうやって指摘されるとちょっとだけ恥ずかしいような歯がゆいような、変な気分になりました。
もっとも、それくらいで自分を変えたとはいえませんが、彼に指摘されたことによって、ちょっとは変わったのかもしれないな、なんて都合よく考えてしまいました。
中身ごとそっくり変えたいところですけどね。

練習に行くと、何かと面白いことが起こります。
その面白さが、わたしにはとても心地よく感じます。
ちょっとしたことで幸せを感じられる今。
わたしは幸せです。
[PR]
by symphonic-bone | 2005-12-01 16:45 | 練習のこと