日々思ったことや感じたことをのんびり書いていこうと思います。


by symphonic-bone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ベストフレンド 2

こんにちは、そらです。
とりあえず、下の「パート1」を先に読んでいただけたら幸いですが、内容はあまりリンクしていないので関係ない気もします。すみません。

合宿で、ベストフレンドというマーチを演奏しました。
3年ほど前のコンクールの課題曲です。わたしはこのとき、同じく課題曲のイギリス民謡の方に興味を持っていたので、このベストフレンドの方には気を使っていませんでした。
かくいうわたし自身は、この当時小編成でコンクールに出ていたので、課題曲自体どれも吹いていないわけですが。
今回合宿でベストフレンドを演奏して、「これはまさにベストフレンドのためにある曲だ」と、作曲者が聞いたら喜んでくれそうな事を考えました。

わたしの人間関係は狭く深く・・・だとわたしは思っているわけですが、周りからしたら狭く浅くのつもりかもしれません。しかしそれでもわたしはみんなとは深い付き合いだと思っています。
うーん・・・思い込んでいます。最低です。
ともかく、わたしのベストフレンドたちはみんなサークルにいます。

わたしの回生は人数も多く、しかしまだ誰一人として辞めた人間がいません。
辞めたいと何度もいっている人間はここにいます。はい、ここに。
明るい元気っ娘がひとり、猫のような美人がひとり、顔も心もきれいで優しい子がひとり、天然で最近はあまり姿を見せない多忙さんがひとり、責任感の強い素直さんがひとり、お笑いが大好きで暖かくて話しやすいさんがひとりと・・・そろそろ面倒になってきたのであとは端折りますが、汗っかきの学生指揮者と、いつでも一生懸命の副団長と、すでに仕事をしてる人と、変人だけどいつも真面目に練習してる人と、口調はきついけど思いやりがある人と、それから無口な旅行好き、あとどんくさい人見知りのわたしがいます。
・・・って、あんまり端折れずに結局全員のことを言ってしまったようです。
だめだ。わたし、やっぱ何をやらしてもとろい。

そんな感じの13人です。
一緒に笑ったり泣いたり、お互いに支えあって成長してきました。
わたしに関しては支えてもらう事の方が多かったわけですが。
わたしたちの1つ上の学年と1つ下の学年、この方たちはみんなとてもうまく、自慢じゃありませんがわたしの後輩はトロンボーンが上手だからこの学校に入ってきたくらい、上手です。
自慢じゃないといえ、自慢の後輩である事は確かです。どこに出しても恥ずかしくない。
ただ、わたしたちの学年にいたっては、わたし自身バストロンボーンは初心者だったし、トランペットも1人は初心者で、もう一人はアンブシェア(口の形)を変えているところだとかでそうそう高音がらっぱっぱと鳴るわけでもなく、ホルンと打楽器にはまったくの楽器初心者がいました。
なので、上の学年と下の学年と比べると、出だしで多少遅れが見られたわけです。
それでもなぜわたしたちが一人もやめることなく、仲も良いまま今まで来ているかというと、「みんなで支えあう」ということが自然と出来ていたからではないかと思います。

当たり前のことなのかもしれませんが、それでいて案外難しいことです。
支えあうという事は、すなわちフォローしあうという事。
楽器があまり上手でない人を、上手な人がカバーして吹いてあげる。
精神面であまり強くない人を、そうじゃない人が側にいて支えてくれる。
わたしたちは、そうして支えあって今までやってきました。
ベストフレンドという言葉はベタかもしれませんが、そんなわたしたちに相応しいような気がします。

わたしのパート、トロンボーンパートはひとつの家族です。
そして、上に書いているような同回生たちも、大切な家族だと思っています。
そういう場所があるのって、とても幸せな事です。

どんなときも、みんなで支えあって、助け合って乗り越えてきました。
これからもそんなふうに日々送りたいと思います。
ベストフレンド。
わたしの大切な友人たち・・・。
[PR]
by symphonic-bone | 2006-09-16 14:09 | 友達とのこと

ベストフレンド 1

お久しぶりです、そらです。
ずいぶん長い事放ったままにしていました。というのもですね、自分の中で解決できないような問題がたくさん持ち上がっていて・・・というのも言い訳なんですけど。
文章なんて書く気になれなかったのが本当のところです。

いわゆる人間不信の度が過ぎたバージョンみたいな状態でした。前から何度も書いているように、もともと人間不信の気はあります。それの限界が来てしまいました。
またもやサークルを辞めようとして、しかし今回は行動的に、他団体を見に行くという暴挙に出ました。
暴挙といっても、行ったときは真面目でしたよ。

向こうのオケに行くと、今から合奏だという事で、いきなり楽譜を渡されて初見で3番トロンボーンを吹く事になりました。
曲目は、ハチャトウリャン作曲の仮面舞踏会、そしてシューベルト作曲の「未完成」です。
仮面舞踏会の方が難しくて、何度か落ちました。でも、1つ上の方はほめてくださったし、1つ下の女の子はわたしが来たことを喜んで、わたしになついてくれました。
後輩がいるっていうことはこんなに幸せなものなのかと、なんだか改めて思い知りました。
なので、今のオケを辞めて・・・いや、捨ててしまってこっちに来ようと考えました。

考えた末、合宿でその事をパートトップの先輩に言おうと思って、とりあえず合宿に向かいました。
しばらく練習に行っていなかったので、とても久しぶりです。
みんなに会えることにわくわくする反面、もしわたしのことを忘れていたらとか、よく考えたらわたしは辞めるということを話しに行くのに、楽しみにしてしまったらつらいだけじゃないかとか色々考えていましたが、突っ立っていても仕方が無いのでその場所に向かいました。

「久しぶりだね!」
「元気にしてた?」
そんな挨拶をしながら、自分の部屋がちゃんと用意されていて、わたしのことをみんな覚えてくれていたという事に感激しました。
わたしは図体がでかいので、存在感が無いわけではないと思いますが、性格がとろくてそっちの面では存在感が無いだろうと思っていたのでとてもうれしかったです。
「会いたかったよ!」
そう・・・、本当はすごくみんなに会いたかった。

ちょっと話の場所が移動しますが、わたしは自室の机の上に、2枚写真をおいています。
1枚は、2005年の2月に冬季特別演奏会という演奏会を行ったときに演奏している写真、そしてもう1枚は、今年の4月にわたしの回生の女の子だけで(トランペットとホルンとトロンボーンパートの、です)飲み会を開催したとき、トランペットのミサキちゃんが写真を撮ってくれて、かつそれをわざわざわたしのために焼き増しして贈ってくれた写真です。
辞めると自分の中で決めてから、裏返しにしておいていました。
見たら、会いたくなってしまう。
またこんな事(飲み会とかお食事会とか)をしたいと思ってしまう。
でも、本当に辞める気なら、引き出しの奥だとか読まない本の中にだとかしまってしまえばいいのに、わたしは結局それが出来なかったんです。
写真をずっと眺めていたい。
自分の手の届くところに置いておきたい。
だってほんとうは、みんなに会いたかったから・・・。

そしてパートトップの先輩にその事を説明すると、
「迷ってるなら辞めなきゃいいじゃん」
あ、かもしれない。

合宿に行ってわかったことは、わたしはみんなと一緒に居たかったんだという事です。
そして、みんなと一緒に居たいのなら、辞めてしまってはいけないという事です。
だから、いろんな人を振り回しましたが、結局この場所に戻る事にしました。
わたしのベストフレンズ。
これからもどうぞよろしくね!
[PR]
by symphonic-bone | 2006-09-16 13:23 | 練習のこと